花粉症の症状と対策

花粉症の症状と対策

花粉症,症状,のどの痛み,頭痛,くしゃみ,鼻水,湿疹,咳,時期

花粉症の症状は風邪にもよく似ていますが、見分けるポイントとしては、花粉の時期限定であること、鼻水が水っぽい、目がかゆい、くしゃみを何度も繰り返すなどが挙げられます。

 

とはいえ風邪と同時に患うこともあるので病院で診察してもらうようにしましょう。

 

花粉症の症状

 

鼻・・・くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどのアレルギー性鼻炎

 

目・・・目のかゆみ・充血などのアレルギー性結膜炎

 

喉・・・・のどの痛み、のどの痒み、咳

 

肌・・・・肌の痒み、湿疹などの皮膚炎

 

また花粉症を患うと頭痛や睡眠不足、食欲不振などの症状を招くこともあります。

 

スポンサードリンク
花粉の時期

スギ・・2月〜4月

ヒノキ・・3月〜5月

イネ科雑草(カモガヤなど)・・初夏

キク科雑草(ブタクサ、ヨモギなど)・・秋

 

日本人が最も多いのがスギ花粉ですがその他にも40種類ほどの植物が知られています。花粉症の人は子供も含め年々増加しており、まだなっていない人も花粉が少ない場所に住んでいたり、なりにくい体質t考えられるので今後も絶対にならないとはいえません。

 

花粉症の人もまだそうでない人も花粉を避けて生活していくことが大切です。疲労が蓄積すると花粉症を悪化させてしまうので、普段からの健康管理もしっかりと行いましょう。

 

花粉症対策

まず予防策として花粉を吸いこんだり目に入らないようにすることが大切です。花粉や黄砂の多い4月、5月の季節はなるべく外出を控えたり、マスクやゴーグル、メガネを着用しましょう。特に風邪の強い日や気温が高い日は花粉が飛びやすいです。最近では9月、10月の秋もブタクサの花粉も要注意です。

 

外出から帰ったら衣類に付いた花粉をはらって、家の中に持ち込まないようにします。空気清浄器を使用したり、また通販では花粉対策グッズやお茶やアロマまでも多くのアイテムが販売されているので参考にされてもいいでしょう。

 

花粉症の治療では抗ヒスタミン薬の内服薬、点鼻薬、点眼薬などが行われています。ただし内服薬は飲んですぐ効くというわけでないようで、花粉が飛ぶ前から飲み始めて花粉の終わる時期まで飲み続ける必要があります。

 

最近注目されているのはレーザー治療です。症状が出てからでは効果が薄くなるので花粉が飛散する前に治療を行ないます。副作用もなく妊婦の方にも好評もようです。保険が適用されますし、手術時間も30分ほどの簡単なものです。ただし持続期間は個人差もあって1〜2年間有効というもので、効果の薄れた時点で引き続きレーザー治療をおこないます。

 

スポンサードリンク