出産祝いのマナー

出産の知らせを受けても産院にすぐに駆けつけるのはやめましょう。出産祝いの贈り物を届ける時期は、誕生して7日目のお七夜が済んでから生後一か月までを目安にします。 育児で慣れない生活をしているでしょうから訪問するときは事前に連絡をしてからにします。 訪問するのは退院後、母子ともに状態も落ち着いた後ですが、幼児はなるべく連れて行かないように、新生児を抱っこするのもなるべく遠慮したいものです。

スポンサードリンク


里帰り出産をしてる友人に出産祝いを贈るのは赤ちゃんを連れて家に帰ってからが無難です。実家宛に贈ってしまうと帰るときに荷物になってしまいます。お祝いの気持ちをすぐに伝えたいときは祝電や電話、メールなどで伝えましょう。


出産祝い品

祝い品の定番は「ベビー服」「ベビー用品」「アルバム」「おもちゃ」「絵本」などです。生まれてすぐ必要なものは出産前に揃えてあるでしょうから、ベビー服は生後半年から一年後 に着れるものを選びます。

出産祝いは重複しやすいので親しい友人でしたら前もって希望をきいてから贈るのが望ましいです。欧米では「ベビーシャワー」という習慣があって 必要なものをリストアップしてもらい仲間同士でその中から選びます。また銀のスプーンをくわえて生まれた子供は幸せになる、という言い伝えがあり、最近では銀のスプーンや 銀製品も人気のようです。


お金で贈る場合の金額の相場は親族なら1〜2万円。友人、知人は5千円〜1万円。祝儀袋の種類は紅白の水引き、蝶結び、のしつき。表書きの書きかたは「御出産御祝」「祝御出産」とします。

出産祝いのお返し

出産祝いをいただいたら一か月以内にお返しをします。お返しの表書きは「内祝」として赤ちゃんの名前を書きます。金額はいただいたお祝いの金額の3分の1〜半額くらい。

スポンサードリンク


楽天